銭湯めぐり






[PR]



2006年08月17日(Thu)
銭湯めぐり
 独身のころ、大阪の東住吉にひとりぐらししていたとき、よく銭湯に行っていました。

 別に、ワンルームマンションに風呂がなかったわけではないのですが、小さなユニットバスというのも、狭苦しい感じですし、その当時、出張が多くてホテルのユニットバスばっかりの生活だったので、大阪に居るときぐらい大きなお風呂に入りたいと思い、ちょっとした贅沢として、近所の銭湯に行っていました。

 東住吉は、大阪の下町で、文化住宅なども多かったので、銭湯はやたらにありました。いろんな銭湯に入りましたので、たぶん100件弱ぐらいのお風呂屋さんに行ったと思います(自称銭湯評論家です)。

 お勧めのお風呂屋さんの条件は、

1)清潔であること。
 やはり、きれいに洗いに行くところですから、清潔が一番です。脱衣所でゴキブリが這い回っていたり、洗い場が石灰分でザラザラしているところは最悪です。

2)基本料金でちゃんとしたサウナに入れるところ。
 サウナで汗をかくとさっぱりします。時々、看板に「サウナ」とか書いてあっても、別料金になっていたり、ミストサウナ(わたしは、偽サウナと呼んでいます)だったりするとガックリ。不当表示の一種ですね。


3)やくざが少ない。
 刺青お断りと書いてあっても、銭湯にヤクザはつき物です。特に、どうということもないのですが、銭湯に10人ぐらいの人が入っていて、背中にど派手な絵が描いてないのが私だけだとチョットだけビビります。

 あと、銭湯には、銭湯必須のアイテムがいくつかあります。
洗い場は、当然「ケロリン」の黄色い洗面器(ケロリン桶)がなければいけません。
http://www.naigai-ph.co.jp/fanclub/goods.html
(ケロリンの製薬会社である内外薬品が、東京オリンピックの当時、広告用に銭湯に配ったのが始まりみたいです。)

 また、銭湯で売っている飲料水には、ココでしかおいていない、独自のものがあります。ヒシヤサイダー(三ツ矢サイダーの間違いではありません)とかスマックなど、聞いたこともない変わったブランドのドリンクが山のように、、、
http://www1.kcn.ne.jp/~yoshi223/ofurod/senf00.html

 最近、暑い日がつづきますので外回りの営業さんなどは大変だと思います。パチンコ屋さんもいいですが、帰りに、下町のお風呂屋さんに、飛び込んだらお手軽にサッパリしますよ。日曜日に朝風呂タイムがあるところも多いです。

http://michikene.ld.infoseek.co.jp/sentou.htm


writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存


小野公認会計士税理士事務所バナー


お勧めサイト
(リンク集)


小野会計ショップ



新着トラックバック/コメント


カレンダ
2006年8月
   
17
   

アーカイブ
2006年 (337)
1月 (28)
2月 (18)
3月 (21)
4月 (25)
5月 (30)
6月 (30)
7月 (31)
8月 (31)
9月 (30)
10月 (31)
11月 (30)
12月 (32)
2007年 (352)
1月 (31)
2月 (28)
3月 (31)
4月 (30)
5月 (31)
6月 (29)
7月 (31)
8月 (31)
9月 (30)
10月 (31)
11月 (28)
12月 (21)
2008年 (70)
1月 (9)
2月 (7)
3月 (4)
4月 (5)
5月 (4)
6月 (5)
7月 (7)
8月 (7)
9月 (8)
10月 (6)
11月 (4)
12月 (4)
2009年 (23)
1月 (5)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (4)
5月 (2)
6月 (1)
7月 (2)
8月 (1)
9月 (2)
10月 (1)
11月 (1)
2010年 (7)
1月 (2)
2月 (1)
3月 (2)
6月 (1)
7月 (1)

アクセスカウンタ
今日:1,099
昨日:314
累計:2,154,073