今回の新型インフルエンザについて






[PR]



2009年05月21日(Thu)
今回の新型インフルエンザについて
北朝鮮ミサイルのときにも、書きましたが、今回の新型インフルエンザの対応についても、危機管理の甘さが露呈しています。

私は関西にいるので、マスクをつけた人が大勢いて、危機感を感じるのですが。

1、正確な情報はどこに?
枡添厚生大臣は、「正確な情報に基づいて、おちついた行動を」と呼びかけていますが、どこに正確な情報があるのでしょう?
新聞やTVが一番正確らしいとは思いますが、

発熱があるときの電話番号はわかりましたが、発症者以外の人はどのようにすれば良いのか?日常生活、経済活動を維持しつつ※、被害を食い止める政策が緊急に必要です。
(1000円で高速に不要な車を走らせCO2やウイルスを全国に、ばら撒くことは、緊急に必要な経済対策じゃないよ!)。


2、水際対策?
海外から帰ってくるとき、赤外線カメラで監視しているようですが、実質自主申告で、あまり厳しいものではありませんでした。
今回の件で多少厳しくなったのでしょうが、海外から入国、再入国する人数をかんがえると、これで防ぎきれるわけがない。案の定、関西で発症した事例は、もともと何処からどのように感染してきたものなのか?経路を追うことも難しい状況です。

3、今回の件で終わりじゃない。
今回の発症者には、まだ、重篤な状態になっている人はいませんが、まだまだ油断はできません。

まず、今回の新型インフルエンザ、季節性インフルエンザに近い弱毒性といってますが、死者数等かんがえれば、季節性インフルエンザより毒性は大きいのではないでしょうか。
また、このインフルエンザが秋から冬に、再流行したとき弱毒性から今日毒性に変異する可能性もあります。
また鳥インフルエンザの脅威もあいかわらず残ったままです。

くれぐれもご注意を!!

※関西で発症したため企業では「関西からの出張は、当面自粛していただきたい」といった方策が採られて、当初予定していた出張スケジュールの変更が頻発。
また、学生は、臨時休校のため?町のゲームセンターやカラオケボックスに入り浸っています。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存


小野公認会計士税理士事務所バナー


お勧めサイト
(リンク集)


小野会計ショップ



新着トラックバック/コメント


カレンダ
2009年5月
         
21
           

アーカイブ
2006年 (337)
1月 (28)
2月 (18)
3月 (21)
4月 (25)
5月 (30)
6月 (30)
7月 (31)
8月 (31)
9月 (30)
10月 (31)
11月 (30)
12月 (32)
2007年 (352)
1月 (31)
2月 (28)
3月 (31)
4月 (30)
5月 (31)
6月 (29)
7月 (31)
8月 (31)
9月 (30)
10月 (31)
11月 (28)
12月 (21)
2008年 (70)
1月 (9)
2月 (7)
3月 (4)
4月 (5)
5月 (4)
6月 (5)
7月 (7)
8月 (7)
9月 (8)
10月 (6)
11月 (4)
12月 (4)
2009年 (23)
1月 (5)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (4)
5月 (2)
6月 (1)
7月 (2)
8月 (1)
9月 (2)
10月 (1)
11月 (1)
2010年 (7)
1月 (2)
2月 (1)
3月 (2)
6月 (1)
7月 (1)

アクセスカウンタ
今日:13
昨日:230
累計:2,067,978