金融は黒子






[PR]



2008年11月18日(Tue)
金融は黒子
相変わらず、株価の低迷が続いて、連日「どうなんだろうねぇ!」というのが挨拶代わりになっています。最近では、実体経済にも影響し、「あの○○も大幅下方修正だって」ということもよく話題に上ります。

いつ株価が回復するのかは、誰も読めません。ただ、今にして思えるのは、「過去数年間における、アメリカをはじめとする先進国の経済活動は、何かおかしく、本筋を外れていたんだなあ」ということです。

つまり、アメリカ経済の供給面で言えば、本来の経済活動である、「モノを作ったり」、「ひと様にご満足(サービス)を提供したり」「研究の末、あらたな便利なものを発明発見する」ことにより、新たな価値を生み出す(主演者)が後ろに引っ込んじゃったこと。そして、本来なら、そのような価値を生み出す人々(企業)の後ろで、資金面や安全性をサポートすべき黒子たる金融機関が、舞台の真ん中で踊り歌い始めたのが間違いの元だったのでしょう。

反対に需要面からみれば、本来の保守的なアメリカ人が持っていた、モラル、神の下で、誠実に勤勉に頑張って働く対価として得た報酬一部を大切に使う生活を忘れ、借金をして、将来の金で、今の贅沢を享受する生活スタイル。それを後押しする生活金融の仕組み。その結果生み出されたのが、貧富の格差であり、希望の見えない今のアメリカ社会なのでしょう。

もうすぐアメリカの政権は変わります。その経済政策が注目されてますが、当面の財政出動や金融緩和は、あくまで小手先の経済誘導技術にすぎません。本当に大切なことは、新政権が、今一度、健全なアメリカ社会をつくり直すことができるのか?それとも方向性を失って、カタストロフィー(戦争・暴動など)に突入するのか?ということです。
とても重要な岐路に立っています。




   



小野公認会計士税理士事務所バナー


お勧めサイト
(リンク集)


小野会計ショップ



新着トラックバック/コメント


カレンダ
2008年11月
           
18
           

アーカイブ
2006年 (337)
1月 (28)
2月 (18)
3月 (21)
4月 (25)
5月 (30)
6月 (30)
7月 (31)
8月 (31)
9月 (30)
10月 (31)
11月 (30)
12月 (32)
2007年 (352)
1月 (31)
2月 (28)
3月 (31)
4月 (30)
5月 (31)
6月 (29)
7月 (31)
8月 (31)
9月 (30)
10月 (31)
11月 (28)
12月 (21)
2008年 (70)
1月 (9)
2月 (7)
3月 (4)
4月 (5)
5月 (4)
6月 (5)
7月 (7)
8月 (7)
9月 (8)
10月 (6)
11月 (4)
12月 (4)
2009年 (23)
1月 (5)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (4)
5月 (2)
6月 (1)
7月 (2)
8月 (1)
9月 (2)
10月 (1)
11月 (1)
2010年 (7)
1月 (2)
2月 (1)
3月 (2)
6月 (1)
7月 (1)

アクセスカウンタ
今日:124
昨日:177
累計:2,082,471