助けないのも選択肢?






[PR]



2008年09月16日(Tue)
助けないのも選択肢?
ついに、リーマンブラザースが破産してしまいました。
原因は、サブプライムローンによる影響で、重大な資本の毀損を受けていたこと。そして、政府による救済策が結局受けられなかったことが原因です。

ポールソン財務長官(ブッシュ政権)は、はじめから政府によるリーマン救済ということは考えていなかったようですが、微妙な難しい判断だったと思います。

救済をすれば、「税金をつかって、特定の私企業の失敗をカバーする」ということになりますが、信用不安を一時的に回避させることもできたでしょう。事実同業のベアスターンズ社は、これで救済されています。

逆に救済しなければ、筋を通すことになりますが、大きな信用不安、信用収縮を起こす可能性があります。

その影響の大きさを考えれば、今回の政府の判断は、かなり批判も多いことでしょう。ただ、前向きに考えると
「どんな無茶な経営をしても、大きな会社は最後は政府が救ってくれる」という、甘えをアメリカ資本主義は結局、許さなかった。ということでしょうか。

※今後は、証券から金融(銀行)や製造や流通など、他の業種での大型倒産や統合がありえます。そのたびに政府は、企業を救済するか否かの選択を迫られます。

アメリカの景気回復は一通りその洗礼を受けたあと。

この調子だと、明かりが見えてくるのは来年、本格的に景気が回復するのは2010年以降か?


writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存


小野公認会計士税理士事務所バナー


お勧めサイト
(リンク集)


小野会計ショップ



新着トラックバック/コメント


カレンダ
2008年9月
 
16
       

アーカイブ
2006年 (337)
1月 (28)
2月 (18)
3月 (21)
4月 (25)
5月 (30)
6月 (30)
7月 (31)
8月 (31)
9月 (30)
10月 (31)
11月 (30)
12月 (32)
2007年 (352)
1月 (31)
2月 (28)
3月 (31)
4月 (30)
5月 (31)
6月 (29)
7月 (31)
8月 (31)
9月 (30)
10月 (31)
11月 (28)
12月 (21)
2008年 (70)
1月 (9)
2月 (7)
3月 (4)
4月 (5)
5月 (4)
6月 (5)
7月 (7)
8月 (7)
9月 (8)
10月 (6)
11月 (4)
12月 (4)
2009年 (23)
1月 (5)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (4)
5月 (2)
6月 (1)
7月 (2)
8月 (1)
9月 (2)
10月 (1)
11月 (1)
2010年 (7)
1月 (2)
2月 (1)
3月 (2)
6月 (1)
7月 (1)

アクセスカウンタ
今日:47
昨日:229
累計:2,112,703