景況感






[PR]



2008年09月01日(Mon)
景況感
最近の企業を取り巻く、経営環境ですが、決して芳しくはありません。

建設関係は、あきらかに、悪い状況がつづいています。特にマンション関係は、売れていません(少し前までは、低利で資金調達が容易にできたため、作りすぎ)。逆に今は、金融機関の貸出姿勢が極めて慎重なため、資金繰り悪化している企業が多い。昨年問題となった、許認可関係の遅れの影響もまだ残っていますし、公共工事も見直す自治体も多く、当面厳しい状況が続きそうです。

メーカーは、原材料価格(特に石油)が上昇していて、企業利益を圧迫しています。為替の影響も、好材料とする企業も一部ありますが、大部分は悪材料となっています。また、石油価格の上昇は、輸送・運輸や農業・漁業などにも悪影響を与えています。

医療や社会福祉関係ですが、こちらも、財政赤字で、保険点数が頭打ち。当面好転しそうな気配もありません。今後の高齢化社会を支える体制としても心もとない状況です。

ITやレジャーなどは、これも企業の景気が良くなるのと連動する性格の業種ですので、やはり、あまり好材はなし。

こうしてみると、悪材料ばっかりですが、よく見てみると一部には、しっかり利益を上げている企業もあります。付加価値が高い企業、他社や外国に簡単にマネされないような技術のある企業、などは、がっちり利益を上げています。
こうした企業が、高い技術や付加価値をつけることができたのは、ある程度業績が確保できているときに、しっかり将来投資を行ってきた結果です。

※あと、金融関係は、あいかわらず低利調達、高い手数料を維持していますので、本来であれば、資金があまってくる状況でしょうが、現状は、貸し出しを渋っています。諸投資の失敗、貸倒リスクの拡大、や株価低迷が響いているんでしょうか。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存


小野公認会計士税理士事務所バナー


お勧めサイト
(リンク集)


小野会計ショップ



新着トラックバック/コメント


カレンダ
2008年9月
  1
       

アーカイブ
2006年 (337)
1月 (28)
2月 (18)
3月 (21)
4月 (25)
5月 (30)
6月 (30)
7月 (31)
8月 (31)
9月 (30)
10月 (31)
11月 (30)
12月 (32)
2007年 (352)
1月 (31)
2月 (28)
3月 (31)
4月 (30)
5月 (31)
6月 (29)
7月 (31)
8月 (31)
9月 (30)
10月 (31)
11月 (28)
12月 (21)
2008年 (70)
1月 (9)
2月 (7)
3月 (4)
4月 (5)
5月 (4)
6月 (5)
7月 (7)
8月 (7)
9月 (8)
10月 (6)
11月 (4)
12月 (4)
2009年 (23)
1月 (5)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (4)
5月 (2)
6月 (1)
7月 (2)
8月 (1)
9月 (2)
10月 (1)
11月 (1)
2010年 (7)
1月 (2)
2月 (1)
3月 (2)
6月 (1)
7月 (1)

アクセスカウンタ
今日:85
昨日:290
累計:2,058,236