だらだら下げる株価






[PR]



2008年07月07日(Mon)
だらだら下げる株価
日経平均が10日以上下げがつづいており、これは、54年ぶりだとか。

まあ、一気にドーンと1000円ぐらい下げているのではなく少しずつだらだら下げているので、金額的には、歴史的な下げという感じはありませんが。

ただ、個人的感想をいえば、こうしたダラダラ下げる状況はあまり好きではありません。

何か原因がはっきりしていて、ドカンと下げる場合は、パニック売りなどの要素もあり、買いでリバウンドをねらうこともできます。ところが、ダラダラ下げた場合は、原因がなにで、どこが底なのか、さっぱりわかりません。

また、往々にして、ダラダラ下げた後、「もう大丈夫だろう」と思って買いに走ると、いきなり、ドカンと大きな下げの局面が来たりすることも何度か経験しています。

今回の下げは、アメリカとEUの金利政策、サブプライム・物価高の実経済への影響などが、複雑に絡み合っているので、チョットした衝撃で、株価がふらふら動く最も嫌な場面です。


   



小野公認会計士税理士事務所バナー


お勧めサイト
(リンク集)


小野会計ショップ



新着トラックバック/コメント


カレンダ
2008年7月
   
7
   

アーカイブ
2006年 (337)
1月 (28)
2月 (18)
3月 (21)
4月 (25)
5月 (30)
6月 (30)
7月 (31)
8月 (31)
9月 (30)
10月 (31)
11月 (30)
12月 (32)
2007年 (352)
1月 (31)
2月 (28)
3月 (31)
4月 (30)
5月 (31)
6月 (29)
7月 (31)
8月 (31)
9月 (30)
10月 (31)
11月 (28)
12月 (21)
2008年 (70)
1月 (9)
2月 (7)
3月 (4)
4月 (5)
5月 (4)
6月 (5)
7月 (7)
8月 (7)
9月 (8)
10月 (6)
11月 (4)
12月 (4)
2009年 (23)
1月 (5)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (4)
5月 (2)
6月 (1)
7月 (2)
8月 (1)
9月 (2)
10月 (1)
11月 (1)
2010年 (7)
1月 (2)
2月 (1)
3月 (2)
6月 (1)
7月 (1)

アクセスカウンタ
今日:63
昨日:177
累計:2,082,410