電卓を早く打つ方法






[PR]



2007年08月21日(Tue)
電卓を早く打つ方法
 会計士の試験に合格して、監査の現場に出るとき、、、
実は、最初はあまり役に立ちません。

問題用紙しか見たことがなく、手形も契約書も見たことのない人には、決算書のどれが正しくて間違っているかわからないからです。
したがって、一般の人とくらべて優れているのは、電卓を早く打てることぐらいです。

(人によっては、経理実務をよくわかっていないことをごまかす為に、意味もなくバンバン電卓を叩いていたとか、、、)

ところで、電卓を早く打つのにはコツがあります。

まず、電卓には、カシオ系とシャープ系のキーがあります。うまくなろうと思ったら、どちらかの系統に習熟します(いろんな電卓を持ってはいけません)。ちなみに私はシャープ派。

次に、キーは、人差し指、中指、薬指の3本を使います。
できれば左で打てるほうが右で筆記具をもてるので有利なのですが、難しければ右で叩いてもOKです。

電卓の5のキーをよく見ると突起が出ているのに気づくと思いますが、そこがホームポジションです。中指をそこにおいておきます。
7の列が薬指、8の列が中指、9より右が人差し指で叩くようにします。
(必要に応じて親指、小指を使う人もいます)

あとは、掛け算の場合こうすれば連続して計算ができるというパターンが電卓のマニュアルに書いてありますのでそれを覚えていきます(シャープとカシオで違います)。
電卓の大きさは自由ですが、ミニ電卓は避けたほうがいいと思います※。

http://www.n-juku.com/hp-9-2bk/s-9-dentaku/s10-dentaku.htm

※ちなみに私は簿記2級まで「なんでも良いやん」と携帯電話ぐらいのミニ電卓を使っていましたが、1級受験の時12桁の中くらいの大きさの電卓に変えたらあまりの使いやすさに感動!


   



小野公認会計士税理士事務所バナー


お勧めサイト
(リンク集)


小野会計ショップ



新着トラックバック/コメント


カレンダ
2007年8月
     
21
 

アーカイブ
2006年 (337)
1月 (28)
2月 (18)
3月 (21)
4月 (25)
5月 (30)
6月 (30)
7月 (31)
8月 (31)
9月 (30)
10月 (31)
11月 (30)
12月 (32)
2007年 (352)
1月 (31)
2月 (28)
3月 (31)
4月 (30)
5月 (31)
6月 (29)
7月 (31)
8月 (31)
9月 (30)
10月 (31)
11月 (28)
12月 (21)
2008年 (70)
1月 (9)
2月 (7)
3月 (4)
4月 (5)
5月 (4)
6月 (5)
7月 (7)
8月 (7)
9月 (8)
10月 (6)
11月 (4)
12月 (4)
2009年 (23)
1月 (5)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (4)
5月 (2)
6月 (1)
7月 (2)
8月 (1)
9月 (2)
10月 (1)
11月 (1)
2010年 (7)
1月 (2)
2月 (1)
3月 (2)
6月 (1)
7月 (1)

アクセスカウンタ
今日:87
昨日:380
累計:2,059,127